[PR]

 東京電力福島第一原発事故で東電が社内マニュアルにある炉心溶融(メルトダウン)の判断基準に気付かず公表が遅れた問題を調べる第三者検証委員会の初会合が17日、東京都内であった。会合に先立ち、広瀬直己・東電社長は「福島の方々に長い間不便をおかけし、新潟県の技術委員会には間違った説明をしてしまった。おわび申し上げる」と謝罪し、「厳正に調査をしていただきたい」と述べた。

 検証委は、田中康久氏、佐々木善三氏、長崎俊樹氏の弁護士3人で構成。委員長の田中氏は「東電からの情報が十分でなかった指摘がある。どうあるべきかも含め検討しなければいけない」と語った。

 会合は非公開。今後は東電社員の聞き取りや資料の確認を通じ、炉心溶融をマニュアル通りに判定できなかった理由や、事故検証を行っている新潟県の技術委員会に誤った説明をした経緯や原因を明らかにする方針。

 東電のこれまでの発表によると…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら