不正会計問題を受けて経営再建中の東芝が、2017年3月期に純損益で1千億円規模の黒字を目指すことが16日わかった。売上高は大幅に減るものの、不採算事業のリストラを進めることで利益を出せるようになると見込む。18日発表の事業計画に盛り込む予定。

 東芝は主に、半導体の不採算部門やテレビ、パソコン、白物家電の計4事業でリストラを進めており、17年3月期の売上高は16年3月期より約1兆円少ない5兆円程度に縮小する見通し。16年3月期にリストラにめどをつけ、17年3月期にはメモリー半導体や電力・インフラなど、すべての事業で黒字化を見込む。

 メモリー半導体は、主力の四日市工場に毎年2千億円程度の投資を続け、収益の柱として強化する。電力・インフラ事業では、将来のエネルギーとして注目される水素製造システムの開発を強化する考えだ。