【動画】多重事故があった山陽道のトンネル=山中瑞喜撮影
[PR]

 17日午前7時半ごろ、広島県東広島市志和町の山陽自動車道下り線八本松トンネル内で、車12台が絡む多重事故が発生した。東広島市消防局によると、2人が死亡し、71人が負傷した(午後0時半現在)。車5台が炎上し、午前9時50分ごろ鎮火した。

 西日本高速道路(ネクスコ西日本)によると、八本松トンネルの下り線は全長844メートルで、片側2車線。

 広島県警高速隊によると、事故はトンネル出口から約200メートル付近で起きた。西に向かっていたトラックが停車中の車に衝突して出火。追突された車両のうち1台が横転して出火したという。

 県警や市消防局は、さらにトンネル内に取り残された人がいないか調べている。亡くなった2人のうち1人は、車内から焼死体で見つかったという。もう1人は40~50代の女性で、心肺停止の状態で救助され、搬送先の病院で死亡が確認された。県警がともに身元の確認を進めている。

 ネクスコ西日本によると、この事故の影響で、山陽自動車道の西条インターチェンジ(IC)と志和ICの間の上下線が通行止めになっている。

 同社や県警によると、この事故の約3時間前、トンネルの約5キロ西の東広島市志和町奥屋の山陽自動車道下り線で、中央分離帯に衝突して停止中だった大型トラックに、中型トラックが追突する事故が発生。この影響で、多重事故の発生当時、トンネル内まで渋滞が続いていたという。県警はトラックがこの渋滞の列に追突して事故が発生した可能性があるとみて原因を調べている。

 八本松トンネルは1988年7…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら