[PR]

 神戸市長田区で2014年、小学1年の女児(当時6)が殺害された事件の裁判員裁判で、神戸地裁は18日、殺人などの罪に問われた無職、君野康弘被告(49)に求刑通り死刑の判決を言い渡した。佐茂(さも)剛(たけし)裁判長は「生命軽視の姿勢は極めて顕著。死刑の選択を回避すべき事情は見当たらない」と述べた。児童1人が犠牲になった事件の裁判員裁判で死刑判決は初めて。弁護人は即日控訴した。

 判決によると、君野被告は14年9月11日午後3時半ごろ、自宅アパート近くの路上を歩く女児にわいせつ目的で近づき、「絵のモデルになって」と声をかけて自室に誘い込んだ後、首を絞めるなどして殺害。遺体を傷つけて複数のポリ袋に入れ、近くの雑木林などに遺棄した。

 判決は、被告が事件前に幼女らのわいせつ動画を頻繁に閲覧し、性的欲求が高まった状態にあったと指摘。うそをつき、他人の目が届かない自宅に誘い込んだ点などを挙げ、わいせつ目的誘拐の罪を認定。「女児と話をしたかっただけ」とする被告側の主張は「不自然」と退けた。

 そのうえで量刑を検討。女児に騒がれずわいせつ行為をするため殺害した動機の「身勝手さ」は「例を見ないほど極まる」と指摘。計画性はないが、動機を踏まえると偶発的とも言えないと述べ、「殺害方法は極めて残虐、死体損壊や遺棄も凄惨(せいさん)。被害者が1人でも死刑の選択は十分許容される」と判断。遺族の処罰感情の強さや被告に十分な反省がうかがえない点も踏まえ、「死刑の選択はやむを得ない」と結論づけた。(佐藤啓介)