[PR]

 シャープは4月23日、蚊取り機能がついた空気清浄機「蚊取空清」を発売する。薬剤を使わず、気流で機器に吸い込んで粘着シートで捕まえる。東南アジアで昨年に発売したモデルが人気のため、逆輸入する。想定価格は税抜き5万円。

 同社によると、周囲に目立たないよう、暗がりに隠れる蚊の習性を利用した。機器本体は黒色で、蚊の好む紫外線の光を内部で出し、入り込める小窓をつけた。近づいた蚊を空気清浄機の気流で吸い込み、粘着シートで捕らえる。

 蚊が媒介した感染症の被害が近年、世界で問題になっている。蚊の多い東南アジアの現地スタッフからの要望で、開発したという。