[PR]

 優れた芸術作品をつくるなど芸術の分野で大きな業績をあげた人に贈られる2015年度の日本芸術院賞に、歌舞伎の坂東玉三郎(本名守田伸一)さん(65)ら9人が選ばれた。このうち、坂東さんと日本画家の後藤純男さん(86)、小説家の辻原登(本名村上博)さん(70)の3人は、恩賜(おんし)賞にも選ばれた。受賞者と受賞対象は次の通り。(敬称略)

 【恩賜賞・日本芸術院賞】日本画家後藤純男=「大和の雪」▽小説家辻原登=小説を中心とする多年にわたる文学的業績▽歌舞伎俳優坂東玉三郎=歌舞伎女形を代表する活躍及び演技の成果

 【日本芸術院賞】彫刻家山田朝彦(ともひこ、72)=「朝の響き」▽工芸家春山文典(70)=「宙(そら)の河」▽俳人宇多(うだ)喜代子(80)=長年にわたる俳界における実作・評論の業績▽能楽家(シテ方)高橋章(81)=能楽における優れた舞台成果と後進育成の業績▽歌舞伎俳優中村歌六(かろく、本名小川進一、65)=歌舞伎脇役において深く掘り下げる芸風▽日本舞踊家中村梅彌(うめや、本名中村光江、58)=日本舞踊における優れた作舞、後進育成の業績

こんなニュースも