不正会計問題で経営再建中の東芝は17日、医療機器子会社「東芝メディカルシステムズ」について、キヤノンに全株式を売却することで最終合意したと発表した。売却金額は約6655億円になるという。

 東芝は17日付で、東芝メディカルの全株式を、株式の保有・運用の特別目的会社「MSホールディング」に譲渡した。キヤノンは、独占禁止法の審査を得たのち、MSホールディングから全株式の譲渡を受け、子会社化する。

 東芝は、2016年3月期決算に売却益約5900億円を計上する見通し。業績予想の修正は「本件もふくめ各種事象を精査している」として、決まり次第公表するという。