[PR]

 原付きバイクに車で衝突し、男性に重傷を負わせて逃げたとして、愛知県警は17日、名古屋市東区筒井2丁目の弁護士梅田鉱二容疑者(32)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕し、発表した。「事故は起こしたが、原付きに衝突した認識はない」と容疑を一部否認している。

 東署によると、梅田容疑者は16日午後11時45分ごろ、同区赤塚町の県道交差点で乗用車を運転中、信号待ちをしていた原付きバイクに追突。愛知県小牧市の自営業男性(46)に肋骨(ろっこつ)骨折などの重傷を負わせ、そのまま逃走した疑いがある。

 事故現場から約1キロ離れた弁護士事務所の駐車場で右前部が壊れた車が見つかった。事故から約1時間半後に呼気を検査したところ、基準の3倍を超えるアルコールが検出されたという。