[PR]

 公開から半世紀を経てなお世界中で愛され続ける映画「ローマの休日」を宝塚歌劇団が舞台化する。17日に東京都内で開かれた制作発表会で、新聞記者ジョーを演じる雪組トップスター早霧(さぎり)せいなは「役作りは始まっています」と、取材する記者たちからもヒントを得ようと目を光らせた。

 「ローマの休日」は1953年、アメリカで公開。ローマを訪れたアン王女と新聞記者ジョーの24時間の淡い恋を描き、オードリー・ヘプバーンとグレゴリー・ペックの名演で世界的に人気を博した。

 早霧はトップ就任以来、「ルパン三世」「星逢一夜」「るろうに剣心」と宝塚大劇場(兵庫県)で、客席稼働率100%超の快挙を続ける。「身の引き締まる思い。グレゴリー・ペックさんのまねにならず、宝塚の早霧のジョーに新しい気持ちで取り組みたい」と意気込んだ。