[PR]

 不正会計問題を受けて経営再建中の東芝は17日、医療機器子会社「東芝メディカルシステムズ」をキヤノンに売却することで合意した。赤字が続く冷蔵庫や洗濯機などの白物家電についても中国・美的集団に売却すると発表し、出直しのための事業の再構築を加速させている。

 東芝はこの日、東芝メディカルの全株式をキヤノンに約6655億円で売却する契約を結び、キヤノンから全額の支払いを受けるとともに、全株式を一時的な受け皿会社であるMSホールディングに売却した。日本の独占禁止法にあたる各国の競争法の審査を終えるまでこの会社が保有し、審査終了後キヤノンの子会社になる。帳簿上の価値を差し引いた売却益は約5900億円にのぼる見通しという。

 東芝は2016年3月期決算の純損益が7100億円の赤字と見込んでおり、立て直しが急務だ。16年3月期に売却益を計上できるかどうか公認会計士らと協議している。この手続きについて、東芝メディカル買収の入札に参加した富士フイルムホールディングスは「時間稼ぎを狙った極めてトリッキーなやり方」と批判した。

 また東芝は、白物家電子会社「…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら