文部科学省は18日、今春に卒業を予定する大学生の2月1日時点の就職内定率は87・8%だったと発表した。前年同期比1・1ポイント増で、5年連続の改善。同じ条件で比較できる2000年以降で最高だった08年(88・7%)に次ぐ高さとなった。

 調査は62大学や短大、専門学校など計112校の6250人を抽出して実施した。大学の女子は89・3%(前年同期比1・0ポイント増)で、00年以降で最高。男子は86・5%(同1・2ポイント増)だった。

 理系だけでみると、90・2%(同1・5ポイント増)で、2年ぶりに9割を超えた。文系は87・3%(同1・1ポイント増)。地域別で最高だったのは関東地区(91・8%)で、ほかは中部地区(87・9%)、近畿地区(87・7%)、北海道・東北地区(87・3%)、九州地区(80・9%)など。最低は中国・四国地区の80・1%だった。

 一方、厚生労働省が発表した高校生の就職内定率(1月末)は、前年同期比0・8ポイント増の93・6%で、6年連続で改善した。14年から3年連続で90%を超え、23年ぶりの水準となった。求人数は12%増の約35万人。厚労省の担当者は「前年に続き、製造業を筆頭に採用意欲が高い状態が続いている」と話した。(高浜行人、高野真吾)