[PR]

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、駅や公園などにある公共のトイレを快適にしようという運動が進められている。その目指すところは、日本を訪れる人たちの「おもてなし」にとどまらない。障害者や高齢者、赤ちゃん連れの人など、誰もが外出時に安心できる環境をつくる取り組みだ。

 NPO法人日本トイレ研究所(東京)は東京五輪・パラリンピックを見据え、14年から「世界をもてなすトイレプロジェクト2020」を進めている。車いすや盲導犬の利用者、オストメイト(人工肛門(こうもん)を使う人)、性的少数者、外国人、子育て中の人、高齢者らが公共トイレでどんなことに困っているのかを知り、解決を目指す。

■「トイレの困りごと」に2千件超の声

 駅や公園などの「外出時のトイレ」で困っていることを募ると、2141件の意見が寄せられた。「視覚障害者には水を流すボタンやトイレットペーパーの位置をさがすことが困難な時がある」「外見からは健康な人と区別がつかない内部障害者もいることを知ってほしい」など、悩みは人それぞれだった。

 困りごとの代表例を48件選び、2月から特設サイト(http://toilet-nippon.jp/別ウインドウで開きます)で週1件ずつ公表している。解決策の提案や意見を書き込めるようにした。検索機能も付けた。加藤篤代表理事は「外出先ですてきなトイレを見つけたら、ぜひ投稿を」と呼びかける。

 スマートフォンのアプリにはト…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら