[PR]

 一般のドライバーがマイカーで客を運ぶ「ライドシェア(相乗り)」が注目され始めている。代表格で米国発の配車サービス「ウーバー」は、国内の過疎地で導入が検討されている。世界約70カ国で展開するサービスは、日本に根づくだろうか。

 京都府北部の京丹後市。日本海に面する丹後町地区で4月、ウーバーを使った実証実験が始まる。

 スマートフォンやタブレット端末などを使い、ウーバーのアプリから配車を頼むと、登録している市民ドライバーが迎えに来る。初乗り料金は480円。スマホなども無料で貸し出せるよう準備を進めている。

 もともと鉄道や路線バスが少な…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら