[PR]

 北朝鮮は18日午前5時55分ごろ、朝鮮半島西側の黄海沿岸にある平安南道粛川から、日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射した。韓国軍合同参謀本部が明らかにした。ミサイルは約800キロ飛行した。同本部は、日本の大半を射程に収めるノドン中距離弾道ミサイル(射程1300キロ)を、飛距離を調整して発射したとみている。

 また、同本部によれば、北朝鮮は同日午前6時17分にも、同じ場所からミサイル1発を発射した。高度17キロに達した時点でレーダーから消えたといい、空中で爆発したとみられる。北朝鮮は今月10日、スカッド短距離弾道ミサイル2発を発射している。(ソウル=牧野愛博)