[PR]

 北朝鮮は18日早朝、朝鮮半島西側の黄海沿岸にある平安南道粛川(ピョンアンナムドスクチョン)から、日本海に向けて弾道ミサイル2発を発射し、うち1発は空中で爆発した。韓国軍合同参謀本部が明らかにした。

 1発目のミサイルは18日午前5時55分ごろ発射され、約800キロ飛行し、日本の防空識別圏内に落下した。同本部は、日本の大半を射程に収めるノドン中距離弾道ミサイル(射程1300キロ)を、飛距離を調整して発射したとみている。

 北朝鮮は同日午前6時17分にも、同じ場所からミサイル1発を発射した。高度17キロに達した時点でレーダーから消えたといい、空中で爆発したとみられる。北朝鮮がノドンを発射したのは、2014年3月に同じ粛川から日本海に向けて2発を発射して以来。前回は約650キロ飛行した。

 軍事関係筋によれば、粛川の西…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら