[PR]

 広島県東広島市の山陽自動車道下り線八本松トンネルで2人が死亡、67人が負傷した多重事故で、県警は18日、渋滞の車列に突っ込んだとみられるトラックを運転していた埼玉県越谷市の皆見成導(みなみなりみち)容疑者(33)を、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の疑いで逮捕した。容疑を認めているという。速度を落とさず車列に突っ込み、50メートル以上にわたり、車に相次いで衝突し続けたとみられる。

 県警によると、皆見容疑者は17日午前7時半ごろ、運転していたトラックで渋滞中の車列に突っ込み、2人を死なせた疑いが持たれている。当時、3時間ほど前に約5キロ先で発生した事故の影響でトンネル内まで渋滞が続き、事故車両12台を含む53台の車が、トンネル内にあったという。

 トラックは車数台に相次ぎ衝突した後、追い越し車線に入り、身元不明の焼死体が見つかった乗用車を押し出すようにして50メートル以上走行。前方にいた別のトラックとの間で、この乗用車を挟み込むような形で停止し、3台とも全焼させたとみられている。

 県警の17日の実況見分で、渋滞の列にトラックが突っ込んだとみられる場所に、急ブレーキをかけたような痕跡は見つからなかった。その先の事故現場にはトラックか衝突された車のものか不明だが、タイヤ痕などの様々な事故の痕跡があったという。

 県警は18日、トラックを運転していた皆見容疑者から話を聞いていた。トラックは引っ越しの荷物を積んでいたという。

 西日本高速道路(ネクスコ西日本)は18日午前11時15分に、山陽自動車道下り線西条インターチェンジ(IC)―志和IC間の通行止めを解除した。受配電設備の異常でトンネル内の照明などの一部に不具合があり、復旧に時間がかかったという。