[PR]

 福岡県議会は、議員の欠席理由を定めた会議規則を改正し、家族の介護や配偶者の出産補助を明記する方針を決めた。女性議員の発案を受けた改正で、23日の本会議で可決される見通し。議会事務局によると、介護も出産補助も会議規則に明記するのは都道府県議会で初めてだという。

 現行規則は欠席理由を「公務、疾病、出産その他事故」としている。今も「その他事故」の扱いで介護や出産補助で休むことはできるというが、改正案では「家族の看護または介護、配偶者の出産補助」を加えて明確にする。「出産補助」は出産時の立ち会いのほか、配偶者の産後ケアや育児なども想定するという。欠席期間は明示せず、個別に議長が判断する。

 民主党会派の女性議員4人が発案し、自民党会派も受け入れを決めた。民主党会派の幹部は「介護や出産補助が『その他事故』というのは時代認識が遅れている。明文化して休みを取ることへの抵抗感を減らしたい」と話している。

 議員の育児休暇をめぐっては、国会でも論議が起きたが、育休宣言をした自民党の宮崎謙介・元衆院議員の不倫問題発覚後は機運が停滞している。