[PR]

 米国防総省当局者は17日午後、2発の弾道ミサイルを探知したことを明らかにした。いずれも中距離弾道ミサイルのノドンとみられ、移動式の発射台から日本海に向けて撃たれたとしている。日本や韓国に直接の脅威はないという。米政府は、複数の国連安全保障理事会の制裁決議に違反していると非難した。

 ケリー米国務長官は今回のミサイル発射後、北朝鮮に対し、「地域の緊張を高める行為をやめ、(朝鮮半島の緊張を緩和する)国際的な責任を果たすための行動を取るよう求める」とする声明を発表した。(ワシントン=奥寺淳)

こんなニュースも