[PR]

 盲導犬を連れた視覚障害者の男性の乗車を拒否したとして、国土交通省石川運輸支局が、金沢市内のタクシー会社に対して行政処分を検討していることがわかった。道路運送法では、身体障害者の補助犬の乗車を拒むことを禁じている。違反するとタクシー会社に一定期間、一部車両の運転停止処分が下される。

 運輸支局によると、3日午後2時半ごろ、金沢市武蔵町のデパート前で盲導犬を連れた男性がタクシーに乗ろうとしたところ、男性運転手が拒否。男性から連絡を受けた支局の調査に対し運転手は、「以前、盲導犬を乗せたときに座席が汚れ、次の客に苦情を言われたため誤った対応をしてしまった」と話したという。

 運輸支局はさらに事実関係の調査を進め、処分内容を検討する。タクシー業務適正化特別措置法では、運転手が道路運送法などに違反した場合、運転手としての登録を取り消すことができるなどと定めている。