九州大学は18日、元教授の男性(69)が2010年3月の退任前に開いた退任祝賀パーティーに大学の教育研究費約600万円を充てていたと発表した。大学は私的な費用だとして返還を求め、法的措置も検討しているという。

 大学の聴取に対し、元教授は支出基準で認められている「シンポジウムに伴う懇談会」と主張し、返還に応じていないという。

 大学によると、元教授は同年3月、福岡市内のホテルでパーティー「退任記念の夕べ」を主催。同僚や教え子ら約280人が出席し、約80人は会費計約120万円を負担した。その収入で不足する会場代や飲食代、交通費計約600万円について、元教授は企業が教育研究のため大学に寄せる奨学寄付金から支出するよう事務職員に指示。事務職員がホテルなどに支払う手続きをした。

 大学は14年10月に教員の通報で調査を始め、「私的な催事に限りなく近い」と認定。関与した事務職員3人を厳重注意とし、元教授に今年2月、約600万円の返還を求めたという。