[PR]

(18日オープン戦、阪神6―4中日)

 阪神の高卒3年目、横田がオープン戦の「首位打者」に躍り出た。一回に右翼線二塁打を放つと、三回は中前へ、七回は投手のグラブをはじく内野安打を放った。オープン戦通算で44打数19安打、打率は4割3分2厘まで上がった。

 「結果を出すことだけを考えて打席に入っている」という20歳。19安打のうち8本が内野安打。この日の3安打も会心の当たりではなかったが、片岡打撃コーチは「ラッキーだけで片付けられない」と評する。

 「追い込まれてからは三振しないという気持ちがある」と横田。フォームを崩されても食らいついてバットに当てる必死さが結果につながっている。昨年までは1軍出場なし。金本監督が1軍キャンプに抜擢(ばってき)した若虎が、開幕スタメンをつかもうとしている。

こんなニュースも