[PR]

 将棋の第65期王将戦七番勝負(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の第6局が18、19日、神奈川県箱根町で指され、郷田真隆王将(45)が102手で挑戦者の羽生善治名人(45)=王位・王座・棋聖=に勝ち、通算成績4勝2敗でタイトル初防衛を果たした。1勝2敗で迎えた第4局から3連勝し、同世代対決を制した。

 羽生名人は2002年以来の「五冠」復帰をめざしたが、届かなかった。4月からは四冠の防衛戦が始まり、まずは第74期名人戦七番勝負で佐藤天彦八段(28)の挑戦を受ける。