[PR]

 米運輸省は17日、車の衝突を避けるための自動ブレーキの機能が、2022年9月までに米国で販売するほぼすべての新車に標準装備される見通しになった、と発表した。米最大手のゼネラル・モーターズ(GM)やトヨタ自動車など世界の計20の主要メーカーと合意に達したという。

 米運輸省の高速道路交通安全局(NHTSA)によると、日本メーカーでは、トヨタとホンダ、日産自動車、富士重工業、マツダ、三菱自動車の6社が含まれている。米メーカーではGMとフォード・モーターやFCA US(旧クライスラー)などが加わり、欧州メーカーでは独フォルクスワーゲン(VW)などが合意している。今回の20社で、米新車販売シェアのおよそ99%を占めるという。

 自動ブレーキは、車に搭載したレーダーやカメラを使って前方の車や歩行者をとらえ、ぶつかりそうになったら自動で車を止めることができる。世界の自動車メーカーが開発に力を入れており、競争が激しくなっている自動運転の中心的な技術でもある。

 NHTSAは昨年9月、トヨタ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら