[PR]

 端午の節句にこいのぼりとともに掲げられる「武者絵のぼり」作りが最盛期を迎えている。愛知県岡崎市の「ワタナベ鯉(こい)のぼり」では、陽光を浴びながら、従業員が鮮やかなのぼりの仕上げ作業に追われていた。

 太閤秀吉や川中島の合戦などが描かれた武者絵はすべて、職人の手によって染め上げられる。天日干しすることで退色しにくくなる。約7メートル、10万円前後のものが売れ筋で、4月末までに約300本を仕上げるという。(細川卓)