[PR]

 これまでゼロだった待機児童が新年度は100人近くに上る見通しになったとして、大阪府池田市は18日、緊急対策として市内2カ所に小規模保育施設を設置すると発表した。財源を捻出するために職員の給料を1年間カットするという。

 同市では長年、4月1日時点での待機児童ゼロが続いていた。市によると、今年は3月17日時点で95人が4月から保育所を利用できないという。入所条件の緩和や共働きの子育て世代が市外から流入するなどして、入所希望者が急増したとみられる。

 市は18日、「保育所待機児童問題緊急対応宣言」を出した。阪急石橋、池田両駅の近くに定員各30人の保育所を設置するとし、総額約1億円の補正予算案を順次計上する。石橋は7月、池田は10月の開所を目指す。保育士の確保のため、両保育所で働く保育士の給料は私立保育所の平均より5%増やす。市立池田病院の院内保育所の定員を現行の20人から50人程度に増やす。

 財源捻出のためにカットする給料の割合は倉田薫市長が20%、副市長が10%、部長職が5%、課長職が3%、それ以外の一般職が2%。倉田市長は「『子育て日本一』を掲げておいて申し訳ない。このまま放置できない」と話した。(吉村治彦)

こんなニュースも