[PR]

 18日の東京株式市場は、円高の進行が投資家に嫌われて、日経平均株価が4日続けて値下がりした。終値は、前日終値より211円57銭(1・25%)安い1万6724円81銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は13・92ポイント(1・02%)低い1345・05。出来高は22億9千万株だった。

 午前中に一時1ドル=110円台後半まで円高が進んだ。企業の海外収益が円換算で目減りすることから、自動車など輸出関連株の売りにつながった。一方で、前日のニューヨーク株式市場でダウ工業株平均が5営業日続けて上昇し、原油価格も持ち直すなど、世界経済の先行き不透明感が一時的に後退しており、日経平均の下げ幅も限定的だった。

こんなニュースも