不正会計問題による経営再建を進める東芝は18日、2016年度の事業計画を発表した。売上高は約4兆9千億円と15年度見通しより1兆3千億円減る。営業利益は1200億円、純損益は400億円の黒字を見込んだ。メモリー半導体などのストレージ、エレベーターや空調などの社会インフラ、エネルギーの各事業に注力する。18年度までに売上高を5兆5千億円、営業利益を2700億円、純利益を1千億円に回復させる計画だ。