[PR]

 東京都立小児総合医療センター(東京都府中市)は18日、生後2カ月~10歳の入院中の男女10人がノロウイルスに感染し、このうち2歳の男児が死亡したと発表した。男児は重い心疾患と肺疾患で1年以上入院していた。センターは院内感染と死の因果関係について病理解剖をして調べる。

 センターの説明では、感染した10人は同じ病棟に入院中で、13~18日の6日間に発症した。死亡した男児は16日午前に下痢などの症状が出て、検査で陽性と判明。17日午前に状態が悪化し、集中治療室に移ったが、同日午後に心肺機能が低下して死亡した。男児以外の9人は回復しているという。