名古屋芸術大学(愛知県北名古屋市)は19日、人間発達学部の男性教授(55)を、女子学生にセクハラをしたとして6月30日までの停職処分にしたと発表した。

 大学によると、教授は昨年11月30日、研究室を訪れた女子学生(19)に抱きついたり、椅子に座らせ手首をさすったりした。同じころに連日、深夜から早朝まで「LINE」で恋愛感情を伝え、翌月に女子学生が大学に相談し発覚した。

 教授は学内の調査に「女子学生の境遇がかつての自分と似ており相談に乗った。不適切な行為を反省している」と話したという。