[PR]

■枝野幸男・民主党幹事長

 立憲主義、民主主義、国民生活、この三つの危機を乗り越えるために、幅広い市民のみなさんと連携して、政治の場でも戦い抜いていく決意であります。まだまだ(連携が)甘いとか、もっと急げとか、そういうご意見もあろうと思います。お互いの違いを、時間をかけてもじっくりとすり合わせて、そして結論を出していく。最大の戦いである選挙には、必ず間に合わせます。4月の(衆院北海道5区、京都3区)補欠選挙を二つともとり、(衆参)ダブルなんか、打ちたくても打てなくさせます。そして夏の参院選で、与党やその周辺にいる勢力を、1人でも少なくするために、私たちは全力をあげて参ります。(19日、東京都内の市民集会で)

関連ニュース