[PR]

 JR東日本によると、19日午後、上野発札幌行き寝台特急「カシオペア」の下り最終便が上野駅を出発した後、「車内に不審物がある」との情報が寄せられ、車内点検のため運行が約2時間遅れるトラブルがあった。

 カシオペアは午後4時20分、鉄道ファンらに見送られて上野駅を出発。同社によると、午後5時すぎに不審物の情報が寄せられ、宇都宮駅と、通過予定だった黒磯駅、郡山駅に止まって車内を点検したが、見つからなかった。この影響で、カシオペアは郡山駅を約2時間遅れの午後9時10分ごろ出発した。