[PR]

(20日、大相撲春場所8日目)

 琴奨菊はしぶとく1敗を守った。過去14勝17敗の栃煌山に、立ち合いで2本差されて苦しい体勢に。それでも巻き替えて左を差し、相手が再び巻き替えようとしたところで一気に前に出て押し出した。「危なかったけど、腰は浮いていなかった。この2日間は不思議な感覚の勝ち。地力がついたのかな」と振り返った。

こんなニュースも