[PR]

(20日、智弁学園4―0福井工大福井)

 智弁学園の福元が一回、中越えに先制二塁打を放った。変化球投手を相手に「1打席目は、1球は直球が来る。それを一発でしとめようと思った」との言葉通りに、1ボールからの高めの直球をとらえた。昨秋の5番から、今月に入って4番を任せられるようになった2年生。「4番はチームの柱。情けない打撃はできません」と意を強くしての打撃だった。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも