[PR]

 20日午前3時ごろ、東京都足立区竹の塚1丁目の路上で「ケンカしている人がいる」と110番通報があった。警察官が駆けつけたところ、指定暴力団山口組系組員と神戸山口組系組員ら二十数人が小競り合いを起こしていた。警視庁は、両団体の対立抗争の可能性があるとみて調べている。

 組織犯罪対策4課によると、山口組系組員の男(41)ら3人がけがをしたといい、この場にいた自称阿部利幸容疑者(47)を暴力行為等処罰法違反容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

 山口組は昨年8月に分裂し、離脱派が神戸山口組を結成。都内では先月27日、足立区で神戸山口組系組員が何者かに襲撃される事件があった。警察庁は今月7日、両団体が対立抗争状態にあると認定し、取り締まりの強化を指示している。