[PR]

 20日午前3時50分ごろ、神戸市須磨区妙法寺の指定暴力団山口組系の組事務所の窓ガラスが割られ、室内が荒らされているのを警戒中の捜査員が見つけた。兵庫県警は建造物侵入と器物損壊の疑いで捜査。神戸市内では19日未明、山口組から分裂した神戸山口組系の事務所にダンプカーが突っ込む事件が起きており、県警は両団体の対立抗争事件との関連も調べる。

 須磨署によると、事務所は2階建て。南側1階の窓が割られ、室内に設置されていた防犯カメラのモニター4台がすべて壊されていた。食器棚も倒され、食器が散乱していたという。事務所は無人だった。事務所の明かりがつき、玄関ドアが開いているのを警戒中の須磨署員が見つけた。別の同署員が20日午前2時15分ごろに巡回した時は異変に気づかなかったという。