[PR]

(20日、智弁学園4―0福井工大福井)

 福井工大福井のエース田中は立ち上がりの2四球を悔やんだ。一回、先頭と3番を歩かせ、4番に2点二塁打を浴びた。「無駄な走者を出してしまった。あれで流れが悪くなった」

 智弁学園打線は直球に強いと映像で分析し、変化球主体で組み立てたが、ボールになる低めのスライダーを見切られる。カウントが不利になり、甘く入った球を痛打された。それでも、八回には投球動作の間に相手のスクイズに気づき、外す対応力も見せた。「独特の緊張感はあったけど、もっと実力を発揮できる精神力をつけたい」

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも