[PR]

 愛媛県内でイノシシによる人への被害が相次いでいる問題を受け、県はイノシシと出合った時の対策などをまとめた資料をつくった。一般向けと子ども向けの2種類を作成。県のホームページ(http://www.pref.ehime.jp/h15800/inosisi.html別ウインドウで開きます)でも公開している。

 資料では、イノシシに出合ったら、「あわてず、騒がず、その場を離れる」ことや、「追いかけたり、石を投げたりしてはいけない」などと注意を呼びかけた。犬を連れている場合は特に危険だとして、つないだひもを放して避難するよう勧めている。

 県自然保護課によると、県内では今年度、新居浜市で小学生の列にイノシシが突進して児童3人がけがをするなど、イノシシによるけが人が6人出ている。今年2月に八幡浜市の山林で死亡した81歳の男性は、イノシシに襲われたとみられている。