[PR]

 「ワラビスタン」とも呼ばれる埼玉県蕨市などのクルド人が多く住む地域で20日、クルドの新年「ネウロズ」を祝う祭りがあった。この春、1人の若者が大学に進む。だが日本で育っても卒業後に働くことは認められておらず、将来が見通せない若者が大勢いるのが実情だ。

 「ネウロズをお祝いし、孤独をなぐさめてくれる皆様に深く感謝します」

 イラン暦(ペルシャ暦)の元日にあたるこの日、蕨市内の公園で、民族衣装をまとったクルド人や近隣の日本人住民らを前に、ギズル・ペリンさん(18)は日本語であいさつした。高校を卒業し、4月から大東文化大に進学する。

 この地域には、1990年代からクルド人が定住し始め、約1200人が暮らす。地域の市民団体「日本クルド文化協会」によると、この地域で育ち大学に進学するのは、ペリンさんが初めてだ。

 ペリンさんがトルコ南東部から…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら