[PR]

 米フェイスブック社のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が中国・北京を訪れ、共産党の最高指導部メンバーと会見したり、中国のIT大手トップとネットの未来を語ったりした。当局の規制で中国ではフェイスブックは使えないが、厚遇した中国の思惑に注目が集まっている。

 ザッカーバーグ氏は19日、共産党最高指導部でネットを含む情報管理などを担う劉雲山(リウユンシャン)・党政治局常務委員と会談。国営新華社によると、劉氏は「御社には先進の技術がある。中国企業と交流を強め、経験を分かち合ってほしい」と求め、ザッカーバーグ氏は「中国はネット大国だ。中国の同業者たちと、ネットを通してより良い世界をつくりたい」と答えた。

 中国メディアによると、ザッカーバーグ氏は同日のフォーラムで、中国ネット通販最大手アリババ創業者の馬雲(ジャック・マー)氏と対談。人工知能(AI)の「アルファ碁」が世界最強とも言われる棋士を破った話題からAIの開発が飛躍的に進むとの見通しを示し、ネットの普及が中国の農村に革新的な変化をもたらすと述べた。

 中国でフェイスブックはツイッ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも