[PR]

 エジプト東部シナイ半島北部のアリーシュで19日、検問所が襲撃された。内務省によると警察官15人が死亡。負傷者も多数いるとみられる。過激派組織「イスラム国」(IS)の「シナイ州」を名乗る組織が犯行声明を出した。自爆攻撃したと主張している。

 2013年夏にイスラム系のムルシ大統領(当時)が軍に解任・拘束されて以降、シナイ半島で過激派の活動が活発化し、14年秋にISへの忠誠を表明。軍・警察を標的にした攻撃を続けている。15年10月のシナイ半島でのロシア機墜落でもISが犯行声明を出している。(カイロ=翁長忠雄)

こんなニュースも