【動画】エアフォースワンでキューバに到着したオバマ米大統領=奥寺淳撮影
[PR]

 オバマ米大統領は20日午後4時半(日本時間21日午前5時半)、キューバの首都ハバナに到着した。現職米大統領がキューバを訪れるのは、1928年以来88年ぶり。ホワイトハウスによると、オバマ氏はラウル・カストロ国家評議会議長と会談するほか、キューバ国民向けの演説をする。

 昨年7月に54年ぶりに両国が国交を回復したことを受けた訪問となる。22日までの滞在予定で、ミシェル夫人と2人の娘のほか、ケリー国務長官ら閣僚、超党派の議員団と企業関係者が同行している。

 オバマ氏は訪問最終日の22日、ハバナの国立劇場で演説し、両国の関係改善の意義のほか、市場経済や民主化の重要性についても説明する見通し。演説はキューバ国営テレビを通じて全国中継される。演説後、反体制派を含む市民代表らと意見交換をするほか、米大リーグのレイズとキューバ代表チームの試合を観戦する。

 米国とキューバは1961年に国交を断絶し、半世紀以上にわたって対立していたが、オバマ、ラウル両氏が融和路線に転じ、2014年12月に国交正常化交渉に入る方針を発表。翌15年7月20日に国交回復を果たし、ケリー氏が同年8月にハバナの米大使館再開式典に出席した。(ハバナ=峯村健司)