[PR]

(21日、八戸学院光星6―2開星)

 開星の4番福間は「相手に打ち負けた。それが敗因です」と言った。映像で見ていた八戸学院光星の先発桜井のイメージは変化球主体の軟投派だった。それが、違った。序盤から直球に詰まってアウトを重ね、焦りが広がったという。福間は三回に2点適時二塁打を放つなど気を吐いたが、打線は最後まで波に乗れなかった。

 守備も乱れた。六回、門脇が遊ゴロを後逸し、その後の暴投や連打などで2点を失った。門脇は「雰囲気にのまれ、切り替えられなかった。力を付けて戻ってきたい」と語った。

こんなニュースも