[PR]

(21日、オープン戦 巨人1―0西武)

 緩いカーブでファウルを誘い、チェンジアップで空振りを奪う。四回1死。巨人の新人・桜井(立命大)が昨季のパ・リーグ本塁打王を翻弄(ほんろう)した。「一番印象に残っているシーン。うまく攻めることができた」

 カウント2―2から最後はひざ元へ。136キロの直球で、西武の4番中村を釘付けにした。見逃し三振。マウンド上の22歳は、わずかにほほ笑んだ。

 オープン戦はここまで9回を投…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら