[PR]

 井の頭自然文化園(武蔵野市)のアジアゾウ「はな子」が引きこもって体調を崩したことを受け、園はその原因とみられる運動場の安全柵を撤去した。21日、国内最高齢の69歳を祝う会は中止になったが、はな子を励ましたり、見舞いに来たりした来園者は、約850人に上った。

 運動場の安全柵は、飼育員の安全確保を目的に14日に設置されたが、環境の変化に敏感なはな子は、その日から寝部屋にこもるように。20日、おなかが痛そうにいきむことを繰り返したため、その日に柵を撤去した。撤去を求める市民の声も園に届いたという。

 永井清園長は21日、「職員の命を守りながら、はな子と触れあう機会を増やすために柵は必要」とし、「別の安全対策を考えたい」と説明。4人の飼育員の班長宮路良一さん(59)は「今、全力でサポートしています」と涙声で来園者にあいさつした。

 見舞いに訪れた邑上守正・武蔵野市長は「(市民の)3代、4代にわたって元気を与えてくれるはな子に、これからはみなさんの愛情を与えてほしい。来年は盛大にお祝いをしたい」と話した。

 はな子は21日も外に出ず、寝…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら