[PR]

 囲碁の世界最強棋士の一人に4勝1敗で勝ち越したことで話題の人工知能(AI)の研究が、小説の世界でも進んでいる。公立はこだて未来大、名古屋大、東京工業大などのグループが21日、東京都内で報告会を開き、AIを使って創作した短編小説が、受賞はならなかったものの文学賞の1次審査を通過したと明らかにした。現状では、「8割方」人間の手が加わっている段階という。

 《その日は、雲が低く垂れ込めた、どんよりとした日だった。

 部屋の中は、いつものように最適な温度と湿度。洋子さんは、だらしない格好でカウチに座り、くだらないゲームで時間を潰している。でも、私には話しかけてこない。》

 これは、AIを使って書いた小説の一部。暇を持てあましたコンピューターたちが、小説を書く楽しみに目覚め、人間に仕えることをやめてしまう短編作品だ。

 研究グループの代表を務める公立はこだて未来大の松原仁教授(人工知能学会会長)によると、昨年秋に「星新一賞」にこの作品を含む4作品を応募。同賞事務局は公表していないが、うち「1作品以上」が4段階のうち最初の1次審査を通ったと分かったという。同賞には1400余りの応募があった。今回からAIによる作品を受け付けており、グループの作品も含めて計11作品の応募があった。

 「コンピューターも感性が扱えること、良質のエンターテインメントを創作できることを示したい。それは、人間がどう芸術を創作しているのかという知見にもつながる」。会見で、松原教授は研究の狙いについてそう語った。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら