【動画】東京港トンネルで行われた「ヨガレイブ」=佐藤正人、高橋敦撮影
[PR]

 3月下旬に開通する国道357号東京港トンネルを会場に21日、ヨガとダンス、音楽の三つの要素を融合した「ヨガレイブ」が行われた。海底の7メートル下に掘られたコンクリートの空間がカラフルな照明と大音響で演出され、参加した約1200人がときに激しく、ときに静かに体を動かした。

 静かな柔軟体操といったヨガのイメージと違い、ヨガレイブは「静と動」の組み合わせでストレスを発散させ、心を静める特徴があるという。国内でも数年前から本格的なイベントが開かれてきた。

 今回は、国道357号の海底トンネル部分(潮風公園~大井埠頭(ふとう))が開通するのを記念して開催された。プロデューサーの石原来美さんは「海底に掘られた真っ暗なトンネルは異次元の空間で、ヨガレイブにはぴったり」と話す。

 トンネルは全長約1・5キロ。…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら

関連ニュース