[PR]

■江田憲司・維新の党前代表 

 我々も、憲法が不磨の大典だとは思っていないし、時代の要請に応じて変えなければいけない条文がでてくれば変えるべきだという立場だ。だが憲法改正は優先順位が低い。

 国政にこれだけ課題がある中で、社会保障制度の抜本改革もできないような政治家に憲法改正を唱える資格はない。莫大(ばくだい)な政治的エネルギーがいる憲法改正を今、国民は望んでいるのか。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも