【動画】ANAのシステムで障害発生、各地で混乱

 全日本空輸で22日朝、搭乗手続きや予約販売を行うシステムに障害が発生した。全国の国内線で搭乗手続きができなくなり、午後9時の時点で146便が欠航、391便が遅延し、計約7万1900人に影響した。空港の搭乗手続き機能は午前11時30分ごろに復旧した。全日空が原因を調べている。

 全日空によると、データベースサーバーの端末4台が相次いでダウンし、空港での搭乗手続きやインターネット上での予約販売ができなくなった。1台を復旧させ、2台目を立ち上げようとすると、1台目がダウンすることから、担当者は「端末間で情報を共有する機能に不具合が起きた可能性が高い」という。

 空港の搭乗手続き機能の復旧後もそれまでの運航計画の大幅な乱れが影響し、欠航の規模が膨らんだ。遅延便と合わせると、全日空のこの日の国内便全体の半数以上に上った。

 全日空と同じ予約・発券システムを使っている航空会社でも欠航や大幅な遅延が相次いだ。午後5時の時点の欠航はスターフライヤー10便、エア・ドゥ6便、アイベックスエアラインズ7便、ソラシドエア6便。

 石井啓一国土交通相は同日の閣議後会見で、「影響と原因を確認し、利用者への対応をしっかりと行うように指導した」と述べた。

 全日空では今年2月24日にも約30分間、カウンターや自動チェックイン機での手続きができなくなり、一部の便が遅れた。2007年には機器の故障で、08年には人為的なミスで、大規模な障害が起き、欠航・遅延便が相次いだ。

 東京・羽田空港では、手続き再開を待つ利用者の長い列ができた。東京都内に住む主婦、大瀧晴己さん(36)は子どもを連れて福岡県に帰省する予定だったが、「こんなことになるなんて。福岡空港で母が待っているんですが」と困惑していた。