[PR]

 拳銃の実弾を所持していたとしてプロ野球・ロッテの新外国人選手ヤマイコ・ナバーロ選手(28)が銃刀法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、那覇地検は22日、ナバーロ選手を嫌疑不十分で不起訴処分とした。処分の理由は明らかにしていないが、捜査関係者は「故意性の立証が難しい」としている。

 ナバーロ選手は2月21日、那覇空港の保安検査場でショルダーバッグに実弾を持っていた疑いで、沖縄県警に現行犯逮捕された。その後さらに1発の実弾が見つかった。同23日に那覇地検に送致され、処分保留で釈放されていた。

 沖縄県警の調べに「母国のドミニカ共和国で護身のため合法的に所持していたものが知らないうちに紛れ込んでいた」と説明していた。