[PR]

 プロ野球・巨人の高木京介投手(26)が野球賭博をしていた問題で、プロ野球の熊崎勝彦コミッショナーは22日、高木投手を1年間の失格処分とする裁決を下した。昨年11月に同じ野球賭博などで無期の失格処分を受けた巨人の3選手とは処分内容に差をつけた形。高木投手は同日付で巨人から契約を解除された。

 また、巨人に対しては、管理監督上の責任は重いとし、制裁金500万円を科した。3選手が処分された前回の制裁金は1千万円だった。

 高木投手は1年間、プロ野球では活動ができない。ただし、失格期間が満了すれば、処分時の球団に対して、復帰を申請することができる。

 球団によると、高木投手は「(1年間の処分は)全く予想していなかった。(3人と)同じようなことをしていたのに心が痛くて苦しい」と困惑しているという。

 賭博問題を調査する日本野球機構(NPB)の調査委員会(委員長=大鶴基成弁護士)はこの日、コミッショナーに報告書を提出し、それを基に処分が下された。報告書では高木投手と3選手の処分の違いについて①10日ほどの間に3、4回にわたり8、9試合に賭けたのみ②その後もプロ野球賭博に誘われたが、断ったなどを挙げた。

 熊崎コミッショナーも報告書の「野球賭博への積極的な関わりや他者への勧誘、期間、回数、野球賭博常習者との交際などの関与の程度で、差が認められた」という部分を読み上げ「巨人やNPBの調査にも協力的であった」などと説明した。

 また、今回の報告書では、現役選手らに対して、自主的な申告を促す期限付きの特別措置を検討していることも盛り込まれた。さらに無期失格処分を科した1年後にコミッショナーの裁量で、無期を1年から5年までの有期に変更できることも示された。善行や野球賭博常習者との交際がないと判断されることが、条件という。(福角元伸)